イギリスのケンジントンハウスをモデルにした気品溢れるエントランス。
ケンジントンハウスは、1740年にアン女王の温室として建てられたもので、女王はお茶や食事などゲストの もてなしの部屋として使ったと伝えられています。お洒落なエントランスにゲストの期待も一気に高まるはず。 パーティへのプロローグにふさわしい空間といえます。
パーティルームはグラスハウスの左右に設けられています。
それぞれが雰囲気の違ったつくりになっていて、お互いが独立したスペースでありそれぞれにガーデンもついています。
右側のエリザベスは34名着席、天井高10メートルの南欧風の空間。左側は90名着席のヴィクトリア。アンティークの調度品が マッチするクラシカルな空間です。いずれも南側のガーデンに面した大きな窓がとられ、陽光がふんだんに差し込みます。